スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼海の世紀4 野上武志・鈴木貴昭

蒼海の世紀(4)王子と乙女と海援隊 (CR COMICS)蒼海の世紀(4)王子と乙女と海援隊 (CR COMICS)
(2012/06/30)
野上武志、鈴木貴昭 他

商品詳細を見る

野上武志・鈴木貴昭のコンビが描く架空戦記モノ。

舞台は坂本龍馬が暗殺されずに生き残った近代日本。
女だらけの海援隊旗艦三笠にたった一人乗り込んだ少年李家鳴海。
これは一人の少年が大海原を舞台に成長していく物語。

もともとは同人誌だったと記憶していますが、CR Comicsがこれまでの同人誌をまとめて加筆修正をして出版されたようです。

架空戦記ということで、時代設定や背景を綿密に考証を積み上げておりますが、これがストーリー根幹にどれだけ密接に関わってくるのか。
東郷提督や坂本さんも出てきておりますし、これから先も目が離せません。

4巻では臨検し拿捕したレーヴェ号を喜望峰周りで回航させることとなり、李家が船長として大海原を駆けていきます。
元朝鮮王家の李家の葛藤や極限状態での信念や覚悟といったところに、冒険物語の誰もが望む主人公像がありますね。

そして、周囲を固める美少女達はあれか、男ドモの望む理想郷の姿か(笑)
野上武志さんの作品の例に漏れず、普通にエロい。
骸骨船長の件がいいですなぁ~

ラストを〆るのはドイツ海軍アルバトロス号と李家率いる幽霊船の邂逅。
1ページぶち抜きで描かれた李家の覚悟が意味深です。

荒波の次に荒波が押し寄せる怒涛の運命の中で、少年がどうなっていくのか目が離せません。

ただ、惜しむらくは野上さんの画力がなぁ・・・・・・
これはこれで良いんですが、セーラー服と重戦車では絵が崩れまくっていたのでそこが気になります。

スポンサーサイト
プロフィール

まんがにゅあ

Author:まんがにゅあ
毎日毎月必ず漫画を買ってしまう漫画中毒者。
本屋で何も買わずに出てくると凄まじい敗北感に襲われませんか? 襲われませんか、そうですか(´・ω・`)

特にマイナー路線好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。