スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴォイニッチホテル 1 道満 晴明

ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2010/11/19)
道満 晴明

商品詳細を見る


太平洋の南西に浮かぶ小国ブレフスキュ島、かつてスペインから独立し、その後はバブル期に日本企業が開発しようとして失敗したリゾート地。
そこにあるホテル・ヴィオニッチを舞台に、個性的な従業員と宿泊客による群像劇。

おおよその概要はそんな程度。

一応物語の根幹を成すのは日本からやってきたクズキ・タイゾウと住み込みウェイトレスのエレナ、そして無口で謎が多く、全身傷跡だらけの少女ベルナ。

その他にもマッチョでマスクな支配人、鬱な料理長の女性、引きこもりの漫画家、ゲイの殺し屋、麻薬密売の3人娘、島の生き神だった三姉妹の魔女、殺し屋スナ―クとそれを追う警官たち、地元の少年探偵団etc

とにかく沢山の変人達が織り成す悲喜交々な人間ドラマを売りだと背表紙で述べております。

なんかあっちこっちで意味深な伏線が張られ、クズキもなぜこんな情勢不安な島に着たのかわかりません。
エレナが三姉妹の魔女の三女とたくさんの共通点があることや、ホテルの地下ではアレな人が住み着いてたり、死んだ人間が平然と幽霊として出てきたり。
そして全編に流れる気だるいまでの倦怠と退廃感。
いや、こういうモラルハザードというか、まったりと狂気に染まっているような話って結構好み。

クズキのキャラも南国リゾートでずっとホワイトカラーにネクタイと一昔前の日本のサラリーマン像です。
言うなれば、ブラックラグーンのロックだねw

そして、エレナななんか見た目が絶望先生のマリアに似てる。
あっけらかんとしたところとか、髪型とか目とか。

そんなクズキとエレナの関係も徐々に親密になって行きますが、まだ寡黙少女ベルナが本編にあまり食い込んでない。

そんなわけで物語として全く進展が無いわけですが、とりとめも無くつかみどころも無い割には、内容に十分重みがあります。

また、どういう話に振れていくのか落としどころがまだ全く読めない作品ですね。

しかし、初版発行が2010年12月となっているのですでに1年半以上2巻が出ていません。
これ、もしかして完結しないんじゃ・・・・・・(--;

スポンサーサイト
プロフィール

まんがにゅあ

Author:まんがにゅあ
毎日毎月必ず漫画を買ってしまう漫画中毒者。
本屋で何も買わずに出てくると凄まじい敗北感に襲われませんか? 襲われませんか、そうですか(´・ω・`)

特にマイナー路線好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。