スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京騒戯画 mercre、東堂 いづみ 他

京騒戯画 (電撃コミックス)京騒戯画 (電撃コミックス)
(2012/09/27)
mercre、東堂 いづみ 他

商品詳細を見る


本屋の新刊平積みにあったので、とりあえず購入。
オリジナルアニメのコミカライズ作品らしい。
アニメは見ていない。
一巻完結。

まぁ読むものも無かったので手っ取り早くていいかと買ってみたのですが。

「何コレ?」が感想。

京都と似たような別世界鏡都が舞台とあるけど、京都との類似点がまるで描写されません。
冒頭登場の科学者ショーコ博士、引っ掻き回すだけ引っ掻き回しまるで活躍してません。
空から降ってきた少女コト、結局あっけらかんと脳みその入ってないような言動と行動です。
後を追いかけてきた兄弟阿吽……いる意味あるの?

妖怪の取りまとめの八瀬さん、結局妖怪って存在に意味あったの?
鞍馬さん一人だけなんであんなに年とってるの?
明恵、神社の人間なのに何故に法衣?

ツッコミどころアリまくり、そしてドタバタ劇に中身なし、異世界への困惑とか葛藤とか、自分の世界へ戻りたいっていう渇望とか、古都の復活への渇望とかそういうもろもろが全て存在しない展開にまるで感情移入が出来ない。

果ては、結局何一つ解決してない終わり方って、そりゃないよ!!!

異世界への迷い込み方とか灰羽だし、ドタバタ感、三人議会とか夜桜四重奏を思い出すが遠く届かない。
明恵がべスパっぽい単車乗ってるとガイナックスのフリクリのイメージが先行してしまった。

なんかいろいろ寄せ集めで、一巻に収めるために随分と駆け足な感じが拭えません。
特に主人公が天真爛漫に溌剌すぎて、等身大の人間像じゃないのが原因だと思います。

アニメで見たらもうちょっとマシなのだろうかと思ったけど・・・・・・まぁいいか、見れる機会があればということで。


スポンサーサイト

DOLLMASTERぱられるコミックレポートで見るワンフェス 井原 裕士

DOLLMASTERぱられるコミックレポートで見るワンフェス (電撃コミックス)DOLLMASTERぱられるコミックレポートで見るワンフェス (電撃コミックス)
(2012/09/27)
井原 裕士

商品詳細を見る


いやー懐かしいなぁと♪
フィギュアモデラーネタやらWFネタやらと、業界モノっぽく見せかけて実は作った人形が動くとかいうファンタジーの入ってたDollmasterが、まさかこんな形で続いていたなんてw

イソノ時空ながら毎回夏と冬に行われるWFのレポートを兼ねた世相の流行と特徴などを懐かしい三人で紹介していく体裁となっております。
ただ、完全なレポートではなく、その上にフィクションを上乗せしたノンフィクションかフィクションかよくわからない体裁になっているので、これをどこまで信じたらいいのやら。

ただ、ビッグサイトでのエレベータ事故など有名どころは抑えていますね。
また、最初から読むと2004~2012までのガレキ業界とホビーの傾向がよくわかるというか、そういうことになっていたのか~と関心します。

コミケは全く興味ないのですが、WFは一度は行ってみたいですね。
ガレキを買う余裕も作る余裕もありませんが、昔模型作るのが好きだった身としてはやはり興味があります。

WFなら完成品展示見て廻るだけでも凄く面白そう。
でも、記事を読むとどんどん可動フィギュア化し始めているとか。
フィグマとはねんどろいどとか、高品質のPVC完成品がお手頃価格で入手できるようになってきたからでしょうか。

そうそう、高梨務さん(作中のキャラね)、お子さん誕生おめでとう。リア充爆死しろw
サザエさん時空のくせに子供成長してくのはいいのかw

武装神姫2036 BLADE、コナミデジタルエンタテインメント 他

武装神姫2036 1 (電撃コミックス)武装神姫2036 1 (電撃コミックス)
(2008/07/26)
BLADE、コナミデジタルエンタテインメント 他

商品詳細を見る



武装神姫2036 2 (電撃コミックス)
武装神姫2036 2 (電撃コミックス)
(2009/07/27)
BLADE、コナミデジタルエンタテインメント 他

商品詳細を見る


武装神姫2036 3 (電撃コミックス)
武装神姫2036 3 (電撃コミックス)
(2011/05/27)
BLADE、コナミデジタルエンタテインメント 他

商品詳細を見る


武装神姫のメディアミックスコミックス。
可動式フィギュアに各種武装をつけたもの。
この10月にはTVアニメも予定されていますが、それに触発されたわけではありません。

数年前に買ったまま放置していたPSPゲームをクリアできたので、その流れで購入w

内容は主人公の神姫マオチャオ型のマオとお姉さん格のハウリン型の凛を主軸に、ライバルやら神姫によるバトルやらギャグやらのドタバタコメディ。
基本的には各神姫一体ずつと個性を前面に押し出した形です。

基本的には2巻まで一話完結の小話だったのですが、突然ライトアーマー級の話になったりと、脈絡がありません。
そう思っていたら、今度は3巻から急にバトルロンド編開始。

バトルロンドに登場する参加者が2巻まで登場したキャラばかりなのが気になります。
なんという優遇処置!!!

そして3巻末から登場する謎の敵の乱入と神姫の誘拐とか、色々ツッコミどころありまくりよw

ゲーム版のストーリーの方がまだ面白かったかもね。
なんせ全長15cmの意志をもったロボットですよ、兵器転用しようと考えないほうがおかしいっしょ。

そして、話の展開とか色々がね、もうメダロット(無印)を連想させて仕方ないwww
イッキとメタビーの戦いのようなノリが全編に渡り展開しており、ああいうの好きな皆様にはちょっとお薦め。

家族ゲーム 9 鈴城 芹

家族ゲーム 9 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 96-9)家族ゲーム 9 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 96-9)
(2012/06/27)
鈴城 芹

商品詳細を見る

待ちに待ったよ第9巻、家族ゲームの始まりだ!!!

看板娘はさしおさえ、くすりのマジョラムなど、4コママンガで緩く心地よい笑いを提供してくれる作者が、なぜかゲーム雑誌電撃PSの付録なんとなくゲーム系4コマに寄稿しているゲーム系四コマ。
ゲーム系といっても、ゲーム好きな人々が面白おかしく過ごす、アットホームな物語。
鈴城さんの得意とするテンポのよい流れと活き活きとしたキャラたちが魅力です。

中心となる遊佐家をベースに真言、葵の友人や大学教授の父親の顧問するサークルメンバーを巻き込んで複雑な人間相関図がカバー裏にできております。

そして、驚きなのがよくあるサザエさん時空ではなく、掲載号に沿った季節ネタと、一年ごとにちゃんと年齢を重ねていくことで、小学生だった葵さんがなんと9巻では高校入学を果たしてしまった!!!
なんか凄いねこの漫画・・・・・どこまで続くのかすっごく期待w

さて、9巻の見所はなんといっても、遂に成就する真言の恋の物語・・・・・って、これでいいんかいってくらいさらりと流れる流れる。
そりゃ、家族みんな「冗談だろう」って軽く流しちゃうよね。
物凄いすれ違いっぷりだった西浦・真言カップルは果たしてどうなっていくのでしょう?

そして一方で安定のラブラブっぷりは悟・葵カップルですな。
こちらは未だに見ていてほのぼのとするプラトニックな初々しさがあります。
悟君も大学生、葵ちゃんも高校生となり、一歩踏み出すのかと期待してしまった巻冒頭。
いつもオーバーオール姿で男の子っぽかった葵ちゃんの髪が艶やか!!! なんか乙女調の顔、そして・・・・・そして・・・・・・いや言うまい。これは言えない。買った人、読んだ人だけの特典です!!!

そしてそして、遂に姿を現した裏のおじいちゃんこと占野さんご一家。
電撃PSをお読みの方ならご承知のことでしょうが、今後はこの占野さんご一家が本編に絡むようになります。
特にポイントは舞衣ちゃん。作中で上がり過ぎた平均年齢を下げるべく投入されたフレッシュなポジションです。

それに反して、これまでの登場人物はいささかなりを顰めます。
温水尚武とぴよちゃんの夫婦とか、特にぴよちゃんのキャラ大好きだったのですが、9巻ではほとんど出番なしorz
好きなのになぁ。とくにぴよちゃん。てんぱって方言だだもれになるところのギャップがまたいい。
鎌田のとこもどうなった!?
乳井のやろーワンシーンしか出てないぞ!!!

本編に一度も登場できてない七篠が相関図にだけ顔が出ているのが凄く気になる!!!
間山と一緒に一度くらい本編出したって!!!

そんなこんなですが、単行本化がだいぶ遅れているのでまだまだ話の続きは残っていますし、連載も順調の続いておりますので、これからに期待です。
とても期待です!!!

でも、次の巻が出るまでまた長いんだよなぁ・・・・・orz


Dear emily da capo 2 瑚澄遊智

Dear Emily…~da capo~ 2 (電撃ジャパンコミックス)Dear Emily…~da capo~ 2 (電撃ジャパンコミックス)
(2012/03/15)
瑚澄 遊智

商品詳細を見る


本屋で棚を物色中に発見した一冊。
もう何年も前にB5版で発行され、その後まったく続刊が発行されなかったマンガが、別出版社に移って刊行されておりました(>▽<)
1巻から買おうかとも思いましたが、なんかやばい気がして止め。
後で調べたところやはり復刻版でした。
復刻版って何も知らずに買うとダメージでかいんですよね(--;

さて、このDear Emily、エミリーという純真無垢で頑張り屋な少女が孤児院から街のお屋敷に住み込みのメイドとして働く中で色々な人と出会っていく、ハートフルストーリーです。

作者の描く絵は水彩画のような淡く繊細な描写でとても美しく、ストーリーに実に合っております。
久しぶりに心洗われるマンガですなぁ(^-^)~♪

第二巻ではエミリーと先輩のビアンカが育った孤児院に帰る帰郷編。
親心子心が垣間見える、本当の親子でなくても想い合えるというのは良いですね。
それにしても、エミリーのあの描写はどういう意味でしょう?
聖母に祝福され、出会うべくして出会ったということ?
他にも健やかに育っている子供達の姿がとても羨ましいです。

そして、この漫画の後半は過去の読み切り作品の「スキンシップ」
DSC_0292.jpg

スキン、シップのそれぞれに二重の意味が込められております。
航海中の船が墜落、アンドロイドの少女が投げ出された先には、最近その少女にそっくりな長女を亡くしたばかりの一家が・・・・・・

アンドロイドの少女と家族の触れ合い、そして襲い掛かる病気・・・・・・
家族として溶け込んでいく姿がカントリー調の風景の中で輝いているようです。
赤毛のアンとかそんな世界観にも見えますね。
DSC_0294.jpg


内容的にはかなり王道なのですがそれでもやっぱりいいと思いました。
続編があれば読んでみたい。

予断ですが、船で働いている小型の人型ロボットがかなり可愛くドツボでしたwww
今度作ってみようかなぁ。

個人的評価
ハートフル度:☆☆☆☆☆
絵の美しさ度:☆☆☆☆☆
本編もっと読みたい度:☆☆☆☆☆
でも読み切りも良し度:☆☆☆☆☆
キャラの鼻の書き方がちょっと気になる:☆☆☆

電撃コミックスジャパンはネット公開で無料のようです。
早速続きを確認しにいくか!!!
プロフィール

まんがにゅあ

Author:まんがにゅあ
毎日毎月必ず漫画を買ってしまう漫画中毒者。
本屋で何も買わずに出てくると凄まじい敗北感に襲われませんか? 襲われませんか、そうですか(´・ω・`)

特にマイナー路線好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。