スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裸者と裸者 4―孤児部隊の世界永久戦争 打海 文三 七竃アンノ

裸者と裸者 4―孤児部隊の世界永久戦争 (ヤングキングコミックス)裸者と裸者 4―孤児部隊の世界永久戦争 (ヤングキングコミックス)
(2012/08/30)
打海 文三

商品詳細を見る


角川から発刊されている同名小説のコミカライズ作品。

近未来の日本で軍閥が割拠し現代の戦国時代と化した日本で、履き捨てる様に扱われる孤児部隊の中で自らの意志を持って戦う佐々木海人の物語。

海人の実直な人柄と悪いことは悪いという姿勢、そして危機に立ち向かう意志と気の合う仲間の存在が彼を物語の中心へとどんどん押し上げていっています。

画風は線が硬く、縁が濃く、トーンの使用は控えめでベタが多い。線で陰影を細かく出すのが特徴でしょうか。
海人が重要な場面で自分を落ち着かせるように深呼吸するシーンに個人的には違和感があります。
ひとコマで台詞の噴出しで「すーはぁー」としているのですが、普通なら「すー」と「はー」でコマをわけ、更にもうひとコマで意志を固めた強い眼差しのコマがあれば完璧だと思うのですが、1巻の頃からひとコマで済ましています。
それがどうにも読む上でリズムが悪く息詰まる原因でした。
それは今回も健在。

4巻では大きな戦闘は起きず、3巻で発生したいわき戦争の後始末から始まります。
戦争といえど、その意地のためには書類仕事が不可欠なわけで、書類と戦闘する残りの時間で戦争をするとかつての偉い人も言っておったようです。
その中で、命というもの、死というものに思いを巡らす海人の心中とは。
そして後半は一時の安息のように、ファンの店で行われるパーティーの中で交わされる海人とメグの話。

生きるということ、死ぬということ、戦うということ、守るということ

そして、その覚悟

そういうものが、戦争作品ではどうしても主題になっていくのでしょうね。


さて、この裸者と裸者の世界観、戦国乱世の軍閥時代なのはよくわかるのですが、ここまで国内を疲弊させてどうして社会が成り立っているのかよくわかりません。

戦争というのは巨大な消費であり、浪費であり、一切の生産性を持たないものです。
特に日本のような島国、外部から無尽蔵に資金や物資が供給されなくては成り立たないのは昨今のテレビニュースの円高の話とか色々なところで多くの方が理解していると思うのですが。

「じゃ、それこそ昔の戦国時代はどうなのよ?」と思われる方もいるかもしれませんが、当時は武士による刀同士の切りあいか、弓矢、よくて鉄砲衆となります。
戦闘の規模も小さければ、一回の戦闘で発生する被害の総量も現代戦ほどではなかったはずです。
また、同じ日本の武士同士なので武士道という共通の理解があったこと、農繁期と戦の時期も考慮されていたこと、鉄や燃料、火薬等の運用物資が少なかったと考えられます。

が、この作品の中で描かれる世界ではあちこち戦闘で勃発し、社会は荒れ果て、行政は機能していません。
普通電力供給の鉄塔や変電所など真っ先に破壊されるのですが、時々電気が通っているような描写がある。

あと、最近の領土問題でもお分かりのように、日本は周辺国から常に狙われる立場にあるわけで、このような状況下で何一つ介入してきている様子が無いのが不気味です。

ま、「気にスンナ」ってことでしょうか。
フィクションは作者が積み上げた設定を素直に楽しむのが吉です。




スポンサーサイト

でこぼこガーリッシュ 1巻 原 鮎美

でこぼこガーリッシュ 1巻 (ビームコミックス)でこぼこガーリッシュ 1巻 (ビームコミックス)
(2012/07/14)
原 鮎美

商品詳細を見る


帯に書いてある「幼女に見えるけどハタチ。美少年に見えるけど女子。凸凹女子大生のがんばらない日常」って内容と表紙でとりあえず買い。

ビームコミックスってエマとかあるけど、ぶっちゃけ青年誌なのか女性向けなのか判断に困ります。

さて、内容は長身でスタイルも良いものの兄のお下がりの男性向けばかり着ていつもイケメンに見られる天野織子と、とても大人とは思えない小学生のような小池夏生のキャンパスライフ。
主にこの二人が主役で、時々同級生や先輩と絡むストーリー4コマ。

大きな女性と小さな女性というと電撃コミックのちいさいお姉さんもありますし、ギャップという意味ではリコーダーとランドセルも同ジャンルでしょうか。
基本的にはそれぞれのギャップにより、世間から間違えられること、もしくはギャップをイジルことでネタを構成しています。
しかし、そこしか寄るところがないのか笑いのネタが弱い。オチも弱い。
まぁその分読んでいられますが。
あと、時間は進み、季節ネタなども取り扱っていますが、年齢が上がっていかないので、おそらくサザエさん時空ではないかと推測されます。

基本ユルユルでボケもツッコミも激しくありません。
あと、少し百合要素ありますが、仲の良い親友同士というところでどうにか止めているようです。
ただ、織子さんがこの描き方だと眼鏡のイケメン男子としか見えないので、もう少し女性っぽい描き分けが欲しいとは思いました。



ヴォイニッチホテル 1 道満 晴明

ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2010/11/19)
道満 晴明

商品詳細を見る


太平洋の南西に浮かぶ小国ブレフスキュ島、かつてスペインから独立し、その後はバブル期に日本企業が開発しようとして失敗したリゾート地。
そこにあるホテル・ヴィオニッチを舞台に、個性的な従業員と宿泊客による群像劇。

おおよその概要はそんな程度。

一応物語の根幹を成すのは日本からやってきたクズキ・タイゾウと住み込みウェイトレスのエレナ、そして無口で謎が多く、全身傷跡だらけの少女ベルナ。

その他にもマッチョでマスクな支配人、鬱な料理長の女性、引きこもりの漫画家、ゲイの殺し屋、麻薬密売の3人娘、島の生き神だった三姉妹の魔女、殺し屋スナ―クとそれを追う警官たち、地元の少年探偵団etc

とにかく沢山の変人達が織り成す悲喜交々な人間ドラマを売りだと背表紙で述べております。

なんかあっちこっちで意味深な伏線が張られ、クズキもなぜこんな情勢不安な島に着たのかわかりません。
エレナが三姉妹の魔女の三女とたくさんの共通点があることや、ホテルの地下ではアレな人が住み着いてたり、死んだ人間が平然と幽霊として出てきたり。
そして全編に流れる気だるいまでの倦怠と退廃感。
いや、こういうモラルハザードというか、まったりと狂気に染まっているような話って結構好み。

クズキのキャラも南国リゾートでずっとホワイトカラーにネクタイと一昔前の日本のサラリーマン像です。
言うなれば、ブラックラグーンのロックだねw

そして、エレナななんか見た目が絶望先生のマリアに似てる。
あっけらかんとしたところとか、髪型とか目とか。

そんなクズキとエレナの関係も徐々に親密になって行きますが、まだ寡黙少女ベルナが本編にあまり食い込んでない。

そんなわけで物語として全く進展が無いわけですが、とりとめも無くつかみどころも無い割には、内容に十分重みがあります。

また、どういう話に振れていくのか落としどころがまだ全く読めない作品ですね。

しかし、初版発行が2010年12月となっているのですでに1年半以上2巻が出ていません。
これ、もしかして完結しないんじゃ・・・・・・(--;

天地明察(3) 槇 えびし

天地明察(3) (アフタヌーンKC)天地明察(3) (アフタヌーンKC)
(2012/08/23)
槇 えびし

商品詳細を見る


冲方 丁の同名小説のコミカライズの第三巻。
歴史上の実在の人物、安井算哲(渋川 春海)が暦を作るために旅に出る物語(であってる?)

二巻では誤問を出した上、大恥かいて江戸を逃げ出すような格好の挫折を味わったわけですが、3巻では測量の旅において建部、伊藤という二人との交流が算哲の心を癒します。

なんかおっかない気難しいおっさんっぽいなぁとか思ってたら、えらい可愛らしい人らでしたw
なんか純粋ですね。
あのキラキラ顔とか、「あ~ここでそう(いい意味で)崩してきたかぁ」と顔がにやけて仕方が無い。
そして、そんな童心のような二人に、こわごわと強張っていた算哲の心が解きほぐされ、仲間となっていく様がとても微笑ましく心地よかった。

算哲は良き先達に恵まれたなぁと心から羨ましく思えました。
ただ、巻末の展開が少し物悲しいというか、これからの展開を存分に知らしめているわけですが。

二人の尊敬できる先達の夢、それを聞いてはいそうですかと流せるほど器用な青年ではないのです。
託された彼が笑顔で「頼まれました」と答えるあの清々しいまでの心地よさ。
しかし、彼はその思いの重さを分かっているのかと、少しだけ不安になります。

さて、次はどのような展開になるのか、楽しみです。

つらつらわらじ(4) オノ・ナツメ

つらつらわらじ(4) (モーニング KC)つらつらわらじ(4) (モーニング KC)
(2012/08/23)
オノ・ナツメ

商品詳細を見る


オノ・ナツメさんの最新作、一ヶ月発売遅れましたが今日ようやく出ました。
もちろん、即買いです。

備前熊田家当主治隆の江戸への参勤交代の道中も岡崎に差し掛かりました。
はて、岡崎の宿場の本陣に入ろうとしたところ、伊勢参りの旗本宮田家が本陣を乗っ取ってしまう。
困った熊田家の一行はなんと、その本陣の前に野営をし、朝まで祭りのごとき愉快な一晩を過ごされたとの事。

旅はその後、富士川まで。

さて、この作品の見所はやはり言葉は少なくとも豪快でどっしり構えた殿と、その周囲の家臣たちの心情の描写でしょう。
道中、鳥人幸吉など登場しますが、殿様の懐の深さと、その威厳をとても引き立てる小話となっております。
大小姓頭山和木の推察、家老和泉、そしてひそかに一行にもぐりこみ、ひょんなことから殿の馬番となった江戸御庭番の九作、他にも数々のキャラたちがそれぞれの場所で、それぞれの思いを持ちながらも、治隆のことを考え、尽くしている姿がとても印象的な作品です。

オノ・ナツメさんの画風はシンプルで、ベタとグレーの塗り分けで、ディフォルメされた各キャラは特徴が強調され、ややもすれば崩れすぎかもしれませんが凄く愛嬌がある。
チャールズ・M・シュルツのスヌーピーキャラに近いか。
そして、そんなややもすれば単調に感じそうなシンプルな絵でありながら、まるで表情筋の動きまで感じられそうなほど、物凄く顔にキャラのその時の意志や思い、感情が見えて取れる。

これが、とても不思議なのです。

世間では凄く綺麗に美少女を書く漫画かもいるが、魂が感じられない。

しかし、この漫画のキャラクターは凄くシンプルに描かれていながら、コマの中で勝手に動き出しそうなほどの躍動感を感じさせるのです。
それはが、この人の漫画の魅力でしょう。
しかし、つれづれわらじのようにディフォルメキャラを描くかと思えば、さらいや五葉やふたがしらのように等身の高い絵も描かれる。
まこと同じ方かと疑問にも思うが、絵の筋は真似ようも無く同じ気配がする。
その自由闊達とした筆さばきにもまた、活き活きと描く事を楽しんでいるような気配が感じられるのがとても心にくいのではないでしょうか。

この殿の旅路、まだ富士を越えたばかり。
果たして江戸でどのような結末が待つのか、今しばらくこの楽しい旅路に読者として参加できる喜びを噛み締めましょう。

BAMBOO BLADE B(9) 土塚理弘

BAMBOO BLADE B(9) (ガンガンコミックス)BAMBOO BLADE B(9) (ガンガンコミックス)
(2012/08/22)
土塚理弘、スタジオねこ 他

商品詳細を見る


剣道まんがでアニメ化までされたバンブーブレードのもう一つの姿、BAMBOO BLADE Bの第9巻です。

たまちゃんとかいませんが、バニッシュ学園編などもう一つの作品との絡みも時々見られます。

9巻のポイントは大城戸ユウ、中倉迅、伊藤錬二の三人が古流剣術の流れを汲む実戦的な剣道と相対します。
3者三様に見せ場が設けられ、それぞれが何か得るものを得、一つ成長する姿がテンプレの如く描かれました。
(でも、菊川って娘、まったく記憶ないですがいましたっけ?)

うん、テンプレっぽい。
通過儀礼というか、型にはまった内面の葛藤、倒すべき相手、そして気付く自分の意思……そういう少年誌の王道っぽい流れですね。

最強っぽく登場した古流剣術出身のキャラたちが見事な噛ませ犬っぷりで、前回までのあの「強い強い」っていう強烈な引きが嘘のような展開にはちょっとがっかり。もうちょっと立ちはだかってくれてもいいのでは?
そういう意味ではちょっと拍子抜けです。

「おのれ、俺が負けたからといって、俺は四天王の一人、我らが上には更に魔王が・・・・・」
なんて展開は全く無いのですが、なんか眼鏡君が実は最強って事になってます。
でも、最強というには今は全然オーラがありませんね。
きっと試合開始とともに豹変するのでしょうが、果たしてどこまで強敵として立ちふさがるのか。

ま、ほんとうの勝負はどうやら次回のようで。
中倉迅、伊藤錬二、親友同士がついに本気でぶつかるようです。
この二人、おっとり紳士的に見えて負けず嫌いで頑張り屋な中倉と、野生的だけど考えている伊藤のコンビがいいですね。
結構テンプレな組み合わせだけど。
でも、やっぱりいいですよね。

果たしてどちらが上に行くのか。ま、順当にいって伊藤でしょうが、その過程をどのように描くのかが気になります。

あと、表紙でユウが胸の谷間強調していますが、これはトラップだ!
騙されるな!
相手はまだ中一だぞ!
しかも本編にはそんな色っぽいシーンは無いんだ!
表紙だけのサービスだ!

ナイス、サービス!

終末のマリステラ 1 高野 千春

終末のマリステラ 1 (フラッパー)終末のマリステラ 1 (フラッパー)
(2012/07/23)
高野 千春

商品詳細を見る


世界の在り様が変質し、溶解により侵食されていく年月、人類は辺境へと追いやられ、細々と暮らしていた。
そんな世界を取り戻すため、希望を託されたのは、旧世界の叡智を結集して生み出した「天使」と呼ばれる少女達。

これは天使とあがめられ、一方でキメラと罵られる少女達の、血みどろの戦いの物語。

表紙を見て買ってしまいました。
軍服の少女と銃という組み合わせがその理由。

内容は怪物巣食う世界に戦いを挑む翼を持った少女達の戦い。
複雑な人間関係、奇妙な世界観と謎のビスマス鉱なる結晶。

キャラ立てもしっかりしているし、退廃していく世界の閉塞感、戦闘の緊迫感はひしひしと感じられます。
終末の世界で誰もが壊れかけていて、絶妙なバランスで社会が成り立っています。

画風はちょっと古風で、ところどころ崩れるのでけっして上手いとはいいがたい。
それを補うだけのストーリーの勢いがあるのでバランスは取れてますね。

一巻ラストは十字軍が宣言され、少女達が聖地奪還に向かうところで軍旗を掲げ、時の声を声を上げ次回というところ。

まだまだプロローグという感が否めません。
相対評価はもう少しストーリーが進展しないとダメですね。

ちろり 2 小山 愛子

ちろり 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)ちろり 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2012/08/10)
小山 愛子

商品詳細を見る


時は大開港時代の横濱、海岸通りはずれにあるカフェ「カモメ亭」に働く優しいマダムと純朴な少女ちろりの心温まる日常の物語。

本屋の新刊棚で表紙を見て惹かれました。
・・・・殺伐とした物語ばかり読んでると、ついこういうのに手を出したくなります。
絵柄に派手さは無く、でもなぜか目を引き、興味を惹きました。

話の流れは日常の何気ないひとこまの中で、マダムとちろりが互いに相手を思いやって優しい時間を過ごすだけの、そんな単純なものです。

冒頭の年明けの話とか、ARIAのアリシアさんと灯さんのやり取りを想起させましたね。

姉妹とも、母子とも違う絶妙な距離感と、無音でありながらなぜか心に強く響く描写、表情があります。
背伸びの無い喜怒哀楽がありのまま傍で眺めているような気になりました。

まぁ、最後の異国の作家さんらしき女性の話だけ、やけにせわしなく煩い印象となりましたが、まぁ世の中色々な人がいますもんね。

一番印象に残ったのは、ちろりに惚れたらしく尋ねてきたどこぞのボンボン。
まぁいろいろあって凹みますが、帰り際の
「僕が凪のときに出直してきます」
の一言が良かった。
あれだけあたふたしていた少年が真正面から、相手をしっかり見て、落ち着いた表情でその一言を言う。
その中に込められた意志と、店に来る前と後での少年の成長が見られていいワンシーンでした。

まぁ、その後の残響の描写とか「あ~あるあるw」と朗らかに笑ってしまいましたがw

コンビニDMZ plus! 竿尾 悟

コンビニDMZ plus! (ヤングキングコミックス)コンビニDMZ plus! (ヤングキングコミックス)
(2012/08/08)
竿尾 悟

商品詳細を見る


あの、コンビニDMZが帰ってきた!!!

某国某所、連邦軍、民兵、反乱軍、UN軍が入り乱れる激戦区のど真ん中にある、日本式コンビニエンスストア、コンビニDMZ(DeMilitarized Zone:非武装地帯)
今日も今日とて元気に「いらっしゃいませファッキンガイズ!」

凄惨な戦争の現実にぽっかりと現れた非現実のコンビニを舞台にシュールで時に不謹慎なギャグのオンパレードな戦争漫画。
今回もなかなかに楽しませていただきました。

解説回のようなスパイによるコンビニ偵察のお話。
川口店長の髪が最高の弾除けのお守りとして争奪戦が行われる話。
究極のダイエット法、最前線ダイエットのお話。
UNによる宅配便と敵味方に分かれた男女の悲哀のお話。
DMZを舞台に映画を撮ろうとするが、それが戦局を左右するお話。
マサル休戦日再びな話。
例の戦場カメラマンもどきも登場する迷彩フェイスペイントのお話。

今回特に注目すべきはあのマスコットキャラクター「ニッフィー」のニヒルな四コマが閑話休題として各間隙に挿入されたことでしょうか。
前まではただのマスコットだったのに、表情豊かに妖精さんのように動く個性的なニッフィー達が最高ですw

ただまぁ、グロテスクな描写とブラックユーモアも大量に加味されているので、読まれる方はご注意ください。

南鎌倉高校女子自転車部 2 松本規之

南鎌倉高校女子自転車部 2 (BLADE COMICS)南鎌倉高校女子自転車部 2 (BLADE COMICS)
(2012/08/10)
松本規之

商品詳細を見る


古きよき時代の風情を今に残す鎌倉を舞台に、自転車の魅力に取り付かれた少女達と自転車の織り成す心温まる物語。

昔、ちょこっとだけロードレーサー乗って一日で100キロとか走ってたことがあるので、自転車は好きです。
初めて時速40キロとかで走ったときの爽快感、流したときのハブの回転する軽いベアリング音と流れる風の心地よさは半端無いです。
なので、こういう自転車モノは時々つい手を出してしまうのですが。

自転車の描写が綺麗、鎌倉の土地とロケハンもよく、背景も綺麗に描きこまれている。
女の子達も可愛い子揃い。
何か文句ある?って出来です。

が、文句はある!!!

話の展開がぬるい!!!
キャラクターに全く厚みが無い!!!
テンプレのような表層を撫ぜる言葉ばかりで心に響かない。
つーか、キャラに心があるように感じられない!!!
「自転車って凄くいいよ」って言いたいんだろうけど、なんか強調しすぎてキツイ。
元イラストレータだからでしょうけど、絵は綺麗なんですけど、やたらキメ顔が多い。
背景の書き込みとか丁寧だけど、各コマの情報量が多すぎてページを捉えにくい。
etc

アオバ自転車店(初期)とか、同じ自転車漫画でも人情ドラマアリ、自転車ウンチクアリで凄くいいのに。

ただまぁ、鎌倉から湘南の海沿いとか、サイクリングしたいなぁ。
また自転車復活させようかしらとついぞ思ってしまう自分は、やっぱり影響を受けやすいんですね。

イレブンソウル 13 戸土野 正内郎

イレブンソウル 13 (BLADE COMICS)イレブンソウル 13 (BLADE COMICS)
(2012/08/10)
戸土野 正内郎

商品詳細を見る


志の一字を擁き、人類の敵、異形のシャヘルと戦う物語。

北米派兵の後、途中で急に間のストーリー省いてぶっ飛んだり、その間に雰囲気が変ったりとかなり心配されましたが、それでもまぁ人間慣れるものですね。

前回は悪役面のカッコイイ兄貴の乃木さんがアレだったり、マーメードいおりんがたけちーの心に潜ったりと色々。特に心の心象風景に潜るとか、ちょっとこれまでの作品の世界観から急に突飛した印象でしたが、今回はある意味もとの路線に軌道修正、ステレオタイプな強化外骨格同士の派手な戦闘が見られますので、メカモノ大好きでこの作品に手を出した人は満足いくでしょう。

いや、乃木さん回格好良かったっスよ。
正直座して読みましたとも。
背中に背負う志の文字の重さ、魂みたいなものを感じましたとも。
もうなんつーか、泣きたくなる。
これぞ漢の生き様よ。

そして、今回は丹波庵になんかフラグが!!!
だめぇ、いおりんだめぇ!!! それフラグ立っちゃってるよ!!!
ってつい叫びたくなる見事なフラグっプリです。

さて、13巻の展開は?
遂に動き出した伊藤始!
レベル7と無人機によるピンゾロへの強襲とそれを迎え撃つ監察!
そして九十九の作戦による包囲戦・・・・

そして、最後の〆はやっぱり僕らのたけちーだ!!!

この作品、マジで一端話の展開が大きく変ったときは心配しましたが、なんかここに来てちゃんと補正されたというか、話の根幹がだいぶ見えてきた気がします。

あれ? でもシャヘルどうするんだろう?
最近は伊藤VS人類って構図になったせいでシャヘルが目立たないゾ!?

こりゃ最後まで目が離せないなぁというシリーズです。

キミとおやすみ 3 まつもと剛志

キミとおやすみ 3 (ジェッツコミックス)キミとおやすみ 3 (ジェッツコミックス)
(2012/07/27)
まつもと剛志

商品詳細を見る


二年前に買ったまま投げ出してたゲームにはまってたらこちらを書くのがすっかりおざなりとなっておりました(苦笑)

さて、今回はまじかるストロベリーでほんわかテイストかつ独特なネタ回しが特徴のまつもと剛志さんのキミとおやすみの第三巻。
何と驚きの最終巻です。
まじかるストロベリーがかなりのご長寿だったので、こちらも続くのかと思っていたのですが、さすがにそこまではいかなかったか・・・・・・

本作、未来のことを夢に見ることができる予知夢の能力をもつみっこ先生と、そんな彼女の彼氏で同じ職場のまこと先生のカップルを主軸に、留学生の天才少女マリーという居候を加えた3人の日常と、教員ということで学校風景がメインです。

大人びた芳永先生と校長の恋の行方やら、独創的な性格のキャラたちが和気藹々と過ごす姿をまったりと4コマで描き出しております。

今巻の見所はやっぱり芳永先生と校長先生でしょうねぇ。
二巻で芳永先生の年齢が分かったときの驚きもさることながら、この二人の恋路が実は一番気になった。
もう芳永先生が可愛すぎて仕方が無い。
ああ、ああいう人いないのかなぁorz

いろいろネタを仕込みながら、それでいてあまり伸びなかった印象が強い本作。シュールなネタの振り方などはまじかるストロベリーの頃と変っていないのですが、いまひとつインパクトが足りませんでしたね。

一つは教員同士の恋バナで最初からカップルが成立していたこと?
モルモットの二匹が本編に絡めなかったこと?
マリーの性格?

予知夢といいながら、あまりそれが活躍していなかったのも一因かも。
まぁ活躍しすぎても変な感じがありますし、それを悪用しようとかそういう発想にもならないところがいいところなのでしょうけど。

ネタが弱すぎたのか、良い意味でまじかるストロベリーの雰囲気をひっぱりすぎたのか、前作の評価を覆すような何かがいまひとつ足りなかった気がします。
って、こうやって書くとどんどんハードルが上がって、少年漫画的インフレを起こしたりしたら困るのですが。

主役二人にもうちょっとしっかりスポットを当てるべきだったのではないでしょうか。

さて、次回作はどうなるのでしょう?

別作品の野菜畑でつかまえても楽しませてもらっています。
プロフィール

まんがにゅあ

Author:まんがにゅあ
毎日毎月必ず漫画を買ってしまう漫画中毒者。
本屋で何も買わずに出てくると凄まじい敗北感に襲われませんか? 襲われませんか、そうですか(´・ω・`)

特にマイナー路線好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。