スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京騒戯画 mercre、東堂 いづみ 他

京騒戯画 (電撃コミックス)京騒戯画 (電撃コミックス)
(2012/09/27)
mercre、東堂 いづみ 他

商品詳細を見る


本屋の新刊平積みにあったので、とりあえず購入。
オリジナルアニメのコミカライズ作品らしい。
アニメは見ていない。
一巻完結。

まぁ読むものも無かったので手っ取り早くていいかと買ってみたのですが。

「何コレ?」が感想。

京都と似たような別世界鏡都が舞台とあるけど、京都との類似点がまるで描写されません。
冒頭登場の科学者ショーコ博士、引っ掻き回すだけ引っ掻き回しまるで活躍してません。
空から降ってきた少女コト、結局あっけらかんと脳みその入ってないような言動と行動です。
後を追いかけてきた兄弟阿吽……いる意味あるの?

妖怪の取りまとめの八瀬さん、結局妖怪って存在に意味あったの?
鞍馬さん一人だけなんであんなに年とってるの?
明恵、神社の人間なのに何故に法衣?

ツッコミどころアリまくり、そしてドタバタ劇に中身なし、異世界への困惑とか葛藤とか、自分の世界へ戻りたいっていう渇望とか、古都の復活への渇望とかそういうもろもろが全て存在しない展開にまるで感情移入が出来ない。

果ては、結局何一つ解決してない終わり方って、そりゃないよ!!!

異世界への迷い込み方とか灰羽だし、ドタバタ感、三人議会とか夜桜四重奏を思い出すが遠く届かない。
明恵がべスパっぽい単車乗ってるとガイナックスのフリクリのイメージが先行してしまった。

なんかいろいろ寄せ集めで、一巻に収めるために随分と駆け足な感じが拭えません。
特に主人公が天真爛漫に溌剌すぎて、等身大の人間像じゃないのが原因だと思います。

アニメで見たらもうちょっとマシなのだろうかと思ったけど・・・・・・まぁいいか、見れる機会があればということで。


スポンサーサイト
プロフィール

まんがにゅあ

Author:まんがにゅあ
毎日毎月必ず漫画を買ってしまう漫画中毒者。
本屋で何も買わずに出てくると凄まじい敗北感に襲われませんか? 襲われませんか、そうですか(´・ω・`)

特にマイナー路線好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。