スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dear emily da capo 2 瑚澄遊智

Dear Emily…~da capo~ 2 (電撃ジャパンコミックス)Dear Emily…~da capo~ 2 (電撃ジャパンコミックス)
(2012/03/15)
瑚澄 遊智

商品詳細を見る


本屋で棚を物色中に発見した一冊。
もう何年も前にB5版で発行され、その後まったく続刊が発行されなかったマンガが、別出版社に移って刊行されておりました(>▽<)
1巻から買おうかとも思いましたが、なんかやばい気がして止め。
後で調べたところやはり復刻版でした。
復刻版って何も知らずに買うとダメージでかいんですよね(--;

さて、このDear Emily、エミリーという純真無垢で頑張り屋な少女が孤児院から街のお屋敷に住み込みのメイドとして働く中で色々な人と出会っていく、ハートフルストーリーです。

作者の描く絵は水彩画のような淡く繊細な描写でとても美しく、ストーリーに実に合っております。
久しぶりに心洗われるマンガですなぁ(^-^)~♪

第二巻ではエミリーと先輩のビアンカが育った孤児院に帰る帰郷編。
親心子心が垣間見える、本当の親子でなくても想い合えるというのは良いですね。
それにしても、エミリーのあの描写はどういう意味でしょう?
聖母に祝福され、出会うべくして出会ったということ?
他にも健やかに育っている子供達の姿がとても羨ましいです。

そして、この漫画の後半は過去の読み切り作品の「スキンシップ」
DSC_0292.jpg

スキン、シップのそれぞれに二重の意味が込められております。
航海中の船が墜落、アンドロイドの少女が投げ出された先には、最近その少女にそっくりな長女を亡くしたばかりの一家が・・・・・・

アンドロイドの少女と家族の触れ合い、そして襲い掛かる病気・・・・・・
家族として溶け込んでいく姿がカントリー調の風景の中で輝いているようです。
赤毛のアンとかそんな世界観にも見えますね。
DSC_0294.jpg


内容的にはかなり王道なのですがそれでもやっぱりいいと思いました。
続編があれば読んでみたい。

予断ですが、船で働いている小型の人型ロボットがかなり可愛くドツボでしたwww
今度作ってみようかなぁ。

個人的評価
ハートフル度:☆☆☆☆☆
絵の美しさ度:☆☆☆☆☆
本編もっと読みたい度:☆☆☆☆☆
でも読み切りも良し度:☆☆☆☆☆
キャラの鼻の書き方がちょっと気になる:☆☆☆

電撃コミックスジャパンはネット公開で無料のようです。
早速続きを確認しにいくか!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まんがにゅあ

Author:まんがにゅあ
毎日毎月必ず漫画を買ってしまう漫画中毒者。
本屋で何も買わずに出てくると凄まじい敗北感に襲われませんか? 襲われませんか、そうですか(´・ω・`)

特にマイナー路線好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。