スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミとおやすみ 3 まつもと剛志

キミとおやすみ 3 (ジェッツコミックス)キミとおやすみ 3 (ジェッツコミックス)
(2012/07/27)
まつもと剛志

商品詳細を見る


二年前に買ったまま投げ出してたゲームにはまってたらこちらを書くのがすっかりおざなりとなっておりました(苦笑)

さて、今回はまじかるストロベリーでほんわかテイストかつ独特なネタ回しが特徴のまつもと剛志さんのキミとおやすみの第三巻。
何と驚きの最終巻です。
まじかるストロベリーがかなりのご長寿だったので、こちらも続くのかと思っていたのですが、さすがにそこまではいかなかったか・・・・・・

本作、未来のことを夢に見ることができる予知夢の能力をもつみっこ先生と、そんな彼女の彼氏で同じ職場のまこと先生のカップルを主軸に、留学生の天才少女マリーという居候を加えた3人の日常と、教員ということで学校風景がメインです。

大人びた芳永先生と校長の恋の行方やら、独創的な性格のキャラたちが和気藹々と過ごす姿をまったりと4コマで描き出しております。

今巻の見所はやっぱり芳永先生と校長先生でしょうねぇ。
二巻で芳永先生の年齢が分かったときの驚きもさることながら、この二人の恋路が実は一番気になった。
もう芳永先生が可愛すぎて仕方が無い。
ああ、ああいう人いないのかなぁorz

いろいろネタを仕込みながら、それでいてあまり伸びなかった印象が強い本作。シュールなネタの振り方などはまじかるストロベリーの頃と変っていないのですが、いまひとつインパクトが足りませんでしたね。

一つは教員同士の恋バナで最初からカップルが成立していたこと?
モルモットの二匹が本編に絡めなかったこと?
マリーの性格?

予知夢といいながら、あまりそれが活躍していなかったのも一因かも。
まぁ活躍しすぎても変な感じがありますし、それを悪用しようとかそういう発想にもならないところがいいところなのでしょうけど。

ネタが弱すぎたのか、良い意味でまじかるストロベリーの雰囲気をひっぱりすぎたのか、前作の評価を覆すような何かがいまひとつ足りなかった気がします。
って、こうやって書くとどんどんハードルが上がって、少年漫画的インフレを起こしたりしたら困るのですが。

主役二人にもうちょっとしっかりスポットを当てるべきだったのではないでしょうか。

さて、次回作はどうなるのでしょう?

別作品の野菜畑でつかまえても楽しませてもらっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まんがにゅあ

Author:まんがにゅあ
毎日毎月必ず漫画を買ってしまう漫画中毒者。
本屋で何も買わずに出てくると凄まじい敗北感に襲われませんか? 襲われませんか、そうですか(´・ω・`)

特にマイナー路線好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。