スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BAMBOO BLADE B(9) 土塚理弘

BAMBOO BLADE B(9) (ガンガンコミックス)BAMBOO BLADE B(9) (ガンガンコミックス)
(2012/08/22)
土塚理弘、スタジオねこ 他

商品詳細を見る


剣道まんがでアニメ化までされたバンブーブレードのもう一つの姿、BAMBOO BLADE Bの第9巻です。

たまちゃんとかいませんが、バニッシュ学園編などもう一つの作品との絡みも時々見られます。

9巻のポイントは大城戸ユウ、中倉迅、伊藤錬二の三人が古流剣術の流れを汲む実戦的な剣道と相対します。
3者三様に見せ場が設けられ、それぞれが何か得るものを得、一つ成長する姿がテンプレの如く描かれました。
(でも、菊川って娘、まったく記憶ないですがいましたっけ?)

うん、テンプレっぽい。
通過儀礼というか、型にはまった内面の葛藤、倒すべき相手、そして気付く自分の意思……そういう少年誌の王道っぽい流れですね。

最強っぽく登場した古流剣術出身のキャラたちが見事な噛ませ犬っぷりで、前回までのあの「強い強い」っていう強烈な引きが嘘のような展開にはちょっとがっかり。もうちょっと立ちはだかってくれてもいいのでは?
そういう意味ではちょっと拍子抜けです。

「おのれ、俺が負けたからといって、俺は四天王の一人、我らが上には更に魔王が・・・・・」
なんて展開は全く無いのですが、なんか眼鏡君が実は最強って事になってます。
でも、最強というには今は全然オーラがありませんね。
きっと試合開始とともに豹変するのでしょうが、果たしてどこまで強敵として立ちふさがるのか。

ま、ほんとうの勝負はどうやら次回のようで。
中倉迅、伊藤錬二、親友同士がついに本気でぶつかるようです。
この二人、おっとり紳士的に見えて負けず嫌いで頑張り屋な中倉と、野生的だけど考えている伊藤のコンビがいいですね。
結構テンプレな組み合わせだけど。
でも、やっぱりいいですよね。

果たしてどちらが上に行くのか。ま、順当にいって伊藤でしょうが、その過程をどのように描くのかが気になります。

あと、表紙でユウが胸の谷間強調していますが、これはトラップだ!
騙されるな!
相手はまだ中一だぞ!
しかも本編にはそんな色っぽいシーンは無いんだ!
表紙だけのサービスだ!

ナイス、サービス!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まんがにゅあ

Author:まんがにゅあ
毎日毎月必ず漫画を買ってしまう漫画中毒者。
本屋で何も買わずに出てくると凄まじい敗北感に襲われませんか? 襲われませんか、そうですか(´・ω・`)

特にマイナー路線好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。