スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地明察(3) 槇 えびし

天地明察(3) (アフタヌーンKC)天地明察(3) (アフタヌーンKC)
(2012/08/23)
槇 えびし

商品詳細を見る


冲方 丁の同名小説のコミカライズの第三巻。
歴史上の実在の人物、安井算哲(渋川 春海)が暦を作るために旅に出る物語(であってる?)

二巻では誤問を出した上、大恥かいて江戸を逃げ出すような格好の挫折を味わったわけですが、3巻では測量の旅において建部、伊藤という二人との交流が算哲の心を癒します。

なんかおっかない気難しいおっさんっぽいなぁとか思ってたら、えらい可愛らしい人らでしたw
なんか純粋ですね。
あのキラキラ顔とか、「あ~ここでそう(いい意味で)崩してきたかぁ」と顔がにやけて仕方が無い。
そして、そんな童心のような二人に、こわごわと強張っていた算哲の心が解きほぐされ、仲間となっていく様がとても微笑ましく心地よかった。

算哲は良き先達に恵まれたなぁと心から羨ましく思えました。
ただ、巻末の展開が少し物悲しいというか、これからの展開を存分に知らしめているわけですが。

二人の尊敬できる先達の夢、それを聞いてはいそうですかと流せるほど器用な青年ではないのです。
託された彼が笑顔で「頼まれました」と答えるあの清々しいまでの心地よさ。
しかし、彼はその思いの重さを分かっているのかと、少しだけ不安になります。

さて、次はどのような展開になるのか、楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まんがにゅあ

Author:まんがにゅあ
毎日毎月必ず漫画を買ってしまう漫画中毒者。
本屋で何も買わずに出てくると凄まじい敗北感に襲われませんか? 襲われませんか、そうですか(´・ω・`)

特にマイナー路線好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。