スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE(10)(完) 太田垣 康男、C.H.LINE 他

FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE(10)(完) (ヤングガンガンコミックス)FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE(10)(完) (ヤングガンガンコミックス)
(2012/10/30)
太田垣 康男、C.H.LINE 他

商品詳細を見る


ついに完結したFrontmissionのコミカライズ、もっとも長いエピソードとなった羊飼いの帰還の終わりと供に終了となりました。

内容は前巻のラストでUSNの司令部に突入した常木たちとクィーンの戦いです。

ハルキヨの「胸を張れ……俺達は……羊飼いと共にミッションを成し遂げた戦士だ……!」の言葉とあの6人の姿は良かった。
でも、終わり方がパッとしない。
10巻まで続いたラストがこれだと言われてもなんだかなぁ。

そもそも、羊飼いが始まったあたりから「もうこれFrontmissionじゃなくていいんじゃない?」っていう状況です。
いや、実際それより前からもそんな調子でしたけど。

ドールアイシステムとか、クィーン・オブ・マッドネスとか、作品内のメカ描写も含めもとのFrontmissionの設定や意匠から随分とかけ離れていきましたね。

また、作品内の史実なども実際のゲームから外れているために、もはや何が何やら。
新の乗っているヴァンツァーは結局何? Bデバイスの実験体なのかSデバイスの実験体なのか(おそらく後者でしょうが)
レイヴンクラスの通常規格外のヴァンツァーですが、デザインが行き過ぎのためレイヴンがかすむかすむ。
レーザー兵器だって2112年にようやく法春で実現したんじゃなかったの!?

ラストの弾道ミサイルなど、一体何? 日本が戦場になったのはMIDAS事件までなかったのでは?
それに、結局犬塚はアレでいいのか!?
単純に存在感の無い傍観者として戦場を自由に生きられるというのが当初の設定だったのに、最後のあれはもはや生きていないでしょう。
もう幽霊なんてところじゃない。
泥臭い戦争の世界に超常現象引っ張り出されても興醒めです。
演出的にはガンダムIGLOOの地上編のワルキューレのようなあの亡霊に近くなってますね。
そういう意味では演出も世界観もあちらと共通点が多そうに思えます。

ただし、原作からあまりにもかけ離れすぎたのがやっぱり問題点でしょう。
これはもう全くの別作品です。

3巻のオヤジと少女の逃避行は一番面白かったなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まんがにゅあ

Author:まんがにゅあ
毎日毎月必ず漫画を買ってしまう漫画中毒者。
本屋で何も買わずに出てくると凄まじい敗北感に襲われませんか? 襲われませんか、そうですか(´・ω・`)

特にマイナー路線好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。